身の回りの花器で | Kranz*Kranz

Kranz*Kranz

お花でつづる 季節ごとのディスプレーや テーブルフォトなどをアップしております。皆様のご訪問を心からお待ちしております。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お問い合わせ先
info@kranzkranz.co.jp
プリント部門が充実いたしました。
DMの撮影、デザインの依頼が増えてきたのを機会に。 プリント部門が立ち上がりました。 プリント部門コンシェルジュが お客様のご相談にお答えいたします。 封筒などのデザイン、印刷もうけたまわっております。 印刷物でお困りの方、お気軽にご相談ください。
お願い
画像、作品のデザイン等、無断使用はお断りさせていただいております。 ご興味を持っていただけた方は どうぞお気軽に 上記お問い合わせ先にご連絡ください。よろしくお願いいたします。 Copyright © Fumie Hishinuma all Rights Reserved
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
手入れも楽しい










生花を扱っていると
どうしても 花首が折れてしまったり
蕾が落ちてしまったりします。

せっかくこれから 咲こうという蕾が落ちてしまうと
心が痛みます。


そんな蕾たちを
キャンドルホルダーにいけてみました。


2週間前の花が まだ こうして 綺麗です。
寒いところに飾ってあるというのも長持ちしている理由ですね。


生花は すぐに痛んでしまうというイメージがありますが
毎日 水を替えてあげて だいたいの花は、 茎をちょっとでも切ってあげると
びっくりするくらい持つんです
(花の性質にもよりますが)


手入れが面倒というお声もいただきますが
ちょっと 手をかけてあげると
長く楽しめるので 愛着も沸いてきます。


『生花を長持ちさせるプロの技』なんて感じの
セミナーを開いて
裏技を実演講習する って企画 どうでしょうか。
オファー、お待ちしております。



***


これから 軽井沢ー草津 です。

夏に軽井沢での出店を考えているので
営業もかねて。


ブログは更新できない日もあるかもしれませんが
元気にお仕事、がんばってきます!



***

3月16日  今日のお花
ハナズオウ



















 
身近な花器で







アレンジのバランスの都合
どうしても 花を切らなければならず。

まだ 美しいので 活けたいと思いました。

花首が短くて どうしたものかと思っていました。
ふと イメージに浮かんできたのが・・
この瓶。

私は なぜか お酒の瓶に魅せられることが多く(苦笑)

これは 泡盛の瓶です。
お友達から宮古島のお土産にいただいたものです。



くるり 裏を見ると こんな感じ。








おうちで楽しむのなら
こんな花器も 面白いですよね。






 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.